2010年02月12日 (金) | 編集 |
pochiko_inukai

立場情緒プロセス関係なくダメなものはダメ 何故なら研究に限って言えば、美しい結果にはやはり美しいプロセスと半端でない手間隙がつきものだから
02-11 17:59

臨床だと相手の立場とか気持ちとかすげー気になるんですが(まあ当然)、研究だと容赦ないっす。
02-11 17:53

それが研究絡むとさらに不寛容かつ了見狭くなる。
02-11 17:45

わたしはいつも不寛容ですよ(笑) RT @ogino_chihiro: そして人は自分のいる場所のいっこ前の段階にいる人には不寛容なもんだとも思います。
02-11 17:44

今日明日中に宿題終わらすなりよ。
02-11 03:52

すっきりしたんだか後味悪いんだか微妙な感じですがティーブレイク終わり。
02-11 03:51

つまりはそういうこと。
02-11 03:47

しかしプライベートで、親しい人が手間暇かけて作ったものを足蹴にするのは人としてダメだ。
02-11 03:46

研究や臨床で(要するにパブリックな場面で)「一生懸命やってるんだから云々」いう人は間違いなく三流だ。
02-11 03:45

なので、パブリックは効率よく、プライベートは非効率に、が最近のモットー。
02-11 03:44

でも基本、高校くらいから求められるものは、どんだけ効率よく努力を配分できるかということじゃないだろうか。
02-11 03:43

その事象の分野にもよるけどね。>一生懸命であることの価値づけ
02-11 03:42

一生懸命やることの大事さを実地で学ぶのは義務教育までだと思う。
02-11 03:41

但し、どんなに時間があっても、手間暇かけても、ダメなものはダメなのだ。プロセスは関係なし。
02-11 03:39

丁寧に手間暇かけてる時間がある時はもちろん別よ。
02-11 03:38

それとも表現型の問題か。
02-11 03:38

我ながら、研究のこととなると冷酷かつエゴイスティックになるのはいただけないなあ。しかし最短距離でぶっ飛ばなきゃいけない時に、他者の気持ちを考えてたら話にならんわいな。
02-11 03:37

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック