FC2ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月31日 (月) | 編集 |
皆さまおハローございます、超のつくご無沙汰です、ぽちこです。とりあえず生きてます。そして当然ながら日付詐称です。これ上げないと年があかん。

最近全くといっていいほど専門書読んでません。
専門書どころか、読んでるのはマンガのみ(゜∀。)ワヒャ
まー子育て中なんてみんなこんなもんですよね。ねっ?

しかし読まなくとも積読だけは日々増えており。
今回はその整理だけでもここでやっちゃおうというわけで久々にカタカタやってるわけです。
多分長いのでたたみます。
あい、順不同に参りましょう。

まずこれ。


叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本
(2011/12/24)
奥田 健次

商品詳細を見る


これは良かった。保護者向け奥田節専門用語排除バージョン全開で、超わかりやすいです。
うちの娘の歯磨きいやいやもこの本のアドバイスに従ってチャレンジしてみたら、1週間かからずにギャン泣きからニコニコあーんに変わりました。すげい。
目からうろこなアドバイス満載で、自身を持って親御さんたちに勧めています。

次。まだ読みきってません。


メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書)メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書)
(2012/11/16)
奥田 健次

商品詳細を見る


これもすげい。
大学教員やめてから、超のびのび活動なさってますね奥田先生。
初学者には分かりやすく、専門家には挑発的な言葉いっぱいw
奥田先生の本読むと、

ABA学んできてないおいらは療育なんてやっちゃダメよね(´・ω・`)

と思うし、

いや、エッセンスだけでも取り入れさせてもらおう(`・ω・´)

と奮起したりもして、気持ち的に忙しくなります。
奥田先生には、ぜひともこの勢いでばっしばっしとダメな我々の痛いとこを斬ってっていただきたいです。

次。これも読みかけ。


「こころ」はどこで育つのか 発達障害を考える (洋泉社新書y)「こころ」はどこで育つのか 発達障害を考える (洋泉社新書y)
(2012/04/06)
滝川 一廣、佐藤 幹夫 他

商品詳細を見る


新書サイズのボリュームなのに、読むのに単行本並みに時間かかるシリーズの最新作ですね。
マクロな話からミクロな話まで、滝川御大の鋭い考察が詰まってます。
自らの考察を、きちんと適切な言葉におきかえて表現できるということだけでもすごいのに、その深度と幅広さと言ったらアナタ。こちとらそれについていくだけでも精一杯で、すごい時間食います。
でも読みきるぞ。

次。仕事向けはまだ続く。


親子のストレスを減らす15のヒント: 保育・教育・福祉現場の保護者支援に (学研のヒューマンケアブックス)親子のストレスを減らす15のヒント: 保育・教育・福祉現場の保護者支援に (学研のヒューマンケアブックス)
(2012/02/07)
高山 恵子

商品詳細を見る


おいら今の仕事場では継続相談はしてないんですが、検査とフィードバックは結構な件数担当してるんですよ。
幼稚園巡回もしてるしな。
そういう時に使える本として、これもかなり優秀です。
親御さんや幼稚園/小学校の先生方へのアドバイスのあんちょこになりますし、余裕がありそうな方なら一読をおすすめしたりもします。
さすがエジソンクラブ代表。どこかで直接お話を伺えたらなーと思ってるのですが、これまではご縁がなかったので、今年こそどこかで…と思っている方です。

さてここからは自分の専門。


悲嘆学入門―死別の悲しみを学ぶ悲嘆学入門―死別の悲しみを学ぶ
(2010/05)
坂口 幸弘

商品詳細を見る



成人発達臨床心理学ハンドブック―個と関係性からライフサイクルを見る成人発達臨床心理学ハンドブック―個と関係性からライフサイクルを見る
(2010/04)
岡本 祐子

商品詳細を見る



Continuing Bonds: New Understandings of Grief (Death Education, Aging and Health Care)Continuing Bonds: New Understandings of Grief (Death Education, Aging and Health Care)
(1996/02/01)
Dennis Klass、 他

商品詳細を見る



Bereavement Narratives: Continuing bonds in the twenty-first centuryBereavement Narratives: Continuing bonds in the twenty-first century
(2008/07/08)
Christine Valentine

商品詳細を見る


高齢者のペットロスがメインテーマになりましたんで(やっとそこまでたどり着きました)、サボりまくってた先行研究あさりを今からね。ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
結局ナラティヴ。結局悲嘆。
…卒論回帰です完全に。うはーん。

2013年もぼちぼちまいります。
スポンサーサイト
テーマ:専門書
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。